読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

妊娠中の出血について

暮らし・学び 妊娠・出産・育児

妻が妊娠中に出血したことがある。
トイレから出てきた妻が、焦りを顔に浮かべながら「出血してる・・・」と。

聞いた瞬間、血の気が引いてしまい、震える声で病院に電話した。 電話の対応は落ち着いた感じだったが、「今すぐ病院に来てください」と。 病院に妻と急いで行った。受付の対応は「あ、出血ですねー」って感じ。その時点で、実は大したことないのかとは思った。反面、安心させるようにそんな態度なのかと思った。

結果はポリープができているだけで、赤ちゃんにはなんの問題もなかった。割りとよくあることのようだ。 割りとよくあるならあらかじめ教えておいてほしかった。妊娠中に出血なんて、最悪の事を考えてしまう。知っていたら無駄に焦らずに済んだ。教えておいてくれじゃなくて、自分で調べておけばいいのではあるが。とりあえず今後子供を生む予定がある方は、ポリープの事を頭の片隅にいれておけば無駄にあせることはないと思います。どちらにしろ、出血した場合はすぐに病院にはいかなければならない。

エクセルでコピーしたセルの点線が消えてしまう【解決】

PC周りや開発環境に関する小技

エクセルのコピペでクリップボードの中身が消えるような挙動があった。 セルをコピーして、他のセルに「形式を指定して貼り付け」をしたかった。 数式だけをコピーしたくて。 でも、出来なくなった。 ペーストする時に「unicodeテキスト」と「テキスト」しか選択出来ない状態になってしまった。 さて、困ったと色々調べたんだけど、全然解決できなかった。 Skypeが悪いとか、マクロを作るとか、セーフモードで試してみるとか色々やったんだけど、解決せず。

挙動をよく見てみることにした。 エクセルではCtrl + C (コピー)をすると、点線で囲まれた範囲が現れる。 そのセルがコピーされていてクリップボードにいますよという意味だろう。 だが、コピーして数秒でその点線が消えてしまう。 色々しらべると、コピーした後に何らかの割り込みの処理が入ってきているようだった。

まあ結果、私の場合は「FormatMatch」というアプリが原因だった。 コピーしたテキストを自動でプレーンテキストにするアプリだ。 WebサイトからEvernoteなどにコピペした時に、文字がWebサイトと同じ文字の色や大きさになるのが嫌だったから使っていた。 (この機能って必要な人って少ないような気がするのだが、それはまあいい)。 このアプリが、セルをコピーした後にプレーンテキストに変更する処理が割り込みとしてセルのコピーを解除してしまっていたのだろう。

同じような挙動で困っている人は、クリップボードを操作するアプリが常駐していないか確認してみるといいだろう。

【解決】Android Studioをrevision 23にアップデートしたら、ビルド出来なくなった

アプリ開発 Android PC周りや開発環境に関する小技 プログラム

android support libraries を revision 23 にアップデートした。 そしたら、今まで問題なくビルドできていたプロジェクトがエラーになるようになった。

下のようなエラーだった。

error retrieving app/build/intermediates/exploded-aar/com.android.support/appcompat-v7/23.0.0/res/values-v23/values-v23.xml

gradleでは 'com.android.support:appcompat-v7:22.2.1' を使うように設定しているのに、23.0.0関連でエラーが出るのかわからない。

調べると、 compileSdkVersion 23 にするとよいなどと書かれている。 ためしてみると、今度は 「No resource found that matches the given name 〜」というエラーが出てしまう。 以下のような感じだ。

Error:(2) Error retrieving parent for item: No resource found that matches the given name 'android:TextAppearance.Material.Widget.Button.Inverse'.

にっちもさっちもいかない。 そもそも、ver.22でコンパイルしたいのに、23にしなきゃならないなんておかしい。

一応、解決できた。

解決方法その1

マックの場合に限る。

ユーザーホームフォルダに.gradleという隠しフォルダがある。 Android Studioは閉じた状態で、これを削除する。 そして、Android Studioを起動する。 Gradleはちょいちょいおかしくなるらしい。 そんな時は、これを試すといいようだ。

これで駄目な時は解決方法その2を試す。

解決方法その2

  1. プロジェクトを開く。
  2. build.gradle (Module app)を開く。
  3. 以下のとおり変更する。

【変更前】compileSdkVersion 23
【変更後】compileSdkVersion 22

【変更前】targetSdkVersion 23
【変更後】targetSdkVersion 22

【変更前】'com.android.support:appcompat-v7:23.0.0'
【変更後】'com.android.support:appcompat-v7:22.2.1'

これで治る場合もあるらしい。 バグだと思うが、これだけでは22でビルドしてくれないこともある。 その場合は、build tools 23をsdk managerから削除する。 その後、SDKのフォルダを削除しなければならない。 sdk/extras/android/m2repository/com/android/support/appcompat-v7を開き、すべての23..フォルダを削除する。 そして、同じフォルダにある maven-metadata.xml を開き、23..を書いてある行を削除する。 プロジェクトをクリーンしてリビルド。 で、完了である。

私の場合、以下のエラーがでた。

Error:Failed to resolve: com.android.support:appcompat-v7:23.0.0

理由は compile 'com.google.android.gms:play-servicesが8.4.0以上だと、 appcompat-v7の23.0.0が必要らしい。

【変更前】compile 'com.google.android.gms:play-services:8.4.0'
【変更後】compile 'com.google.android.gms:play-services:8.3.0'

としたら、ビルドできた。

なお、解決方法その2を元に戻したい場合にうまく行かないことがある。 この場合は、解決方法その1をもう一度やると治る場合がある。 Gradleが不自然な動きをした場合は解決方法その1をやるといいみたいだ。

文芸美術国民健康保険組合から脱退した

個人事業主の確定申告 暮らし・学び

文芸美術国民健康保険組合を脱退した。

  • 収入が減ったこと。
  • 子供が出来て保険料が増えたこと。
  • 地方に住んでいるため、人間ドッグなどで補助をうまく利用できない。

などで、メリットが少ないと思った。

電話して、脱退したい旨を伝えた。 すぐに、脱退の手続きのための資料を送ってくれるとのこと。 全くもって引き止めなどはなかった。 電話対応の人、とても感じがよかった。 ここの電話対応はいつもいい感じだ。

退会届はなんと次の日に届いた。 わざわざ、鉛筆でどこに何を書いたらいいのか書いてくれていた。 脱退する人に対してなのに対応がいい。 お世話になりました。 すぐに記入して郵便局に持って行った。

すぐに資格喪失証明書が郵送されてきた。 対応が早い。 その資格喪失証明書を持って、市役所に行って国民健康保険への加入手続きをすれば完了。 割りと簡単だ。

健康保険組合の資格を失効するその日に市役所に行ければいいが、そうでない場合は健康保険組合からの脱退した日と国民健康保険への加入する間にタイムラグがある。 この間に病院に行く必要があった場合はどうなるのか。 その場合は、切り替え手続き中ということを伝え自分で立て替えておく。 国民健康保険への加入手続き後、病院から返金してもらうか国民健康保険に請求して補填してもらうかのどちらかになる。

次にJaillaの脱退届も提出した。 こちらはホームページから退会届を印刷して記入する。 それをFAXか郵送する。 コンビニからFAX送った。

しばらくするとJaillaから手紙が届く。 出資金の払戻請求のための書類だ。 戻ってくると思っていなかったから嬉しい。 返送用の封筒も切手付きで入っていた。ありがたい。 必要事項を記入して、出資証書とともに返送した。

「努力で天才になった俺が、懇切丁寧に方法を教えるスレ」って

暮らし・学び

努力で天才になった俺が、懇切丁寧に方法を教えるスレというものがあった。
努力で天才になった俺が、懇切丁寧に方法を教えるスレ : 無題のドキュメント

私も天才になりたい。ので、注意深く読んでみた。

紹介されているのは、以下の4つの方法だ。

  1. 瞑想
  2. オレンジカード訓練法
  3. 潜水法
  4. ハイハイ訓練法

それぞれに付いて調べた。

瞑想

日本人の感覚だと宗教臭さがあって敬遠されがちだけども、これほど手軽に出来て効果があるリラックス手段もない。 効果は科学的にも証明されているし、一日30分あれば出来るから是非試して欲しい

示されたソース。英語のサイト。ストレスが減るとか、創造性が増すとか、不安解消になるとか。 Headspace

ベストセラーになった「スタンフォードの自分を変える教室」でも勧められていた。 セラトニンが分泌されてやる気がでるとか。 これについては実験で証明されているようだ。 天才になるかどうかは別の話だが、色々といいのだろう。試してみたい。

オレンジカード訓練法

f:id:itereta:20151121215046p:plain

この画像を30秒程見つめてから目を瞑る。反転した画像が見えると思う。 これを続ける内に、
①長く画像が目の裏に残る
②正しい色で残る
③色、形を自由に変えられる
④好きなイメージを作り出す

なんで、これをすると天才になれるのか。 あまり情報が見つからない。 本当に効果があるのならばもっと情報があってもよさそうなものだが。 簡単そうなので試してみようかな。

ただし七田チャイルドアカデミーで活用されているらしいので、極めて胡散臭い。

潜水法

プールなどで、でできるだけ長く潜水するというものらしい。

潜水、水泳に関しては子供の教育に適している事は統計上明らかで、東大生の実に59%がスイミングスクールに通っていた経験がある。

らしい。 血液中の二酸化炭素が増えると血液を脳に多く流すようになるっていう仕組みのようだ。 水泳とか潜水自体は脳トレだけでなく、ストレスとか創造性に関して色々とよさそうではある。

同じ要領のマスキング法というのをウィン・ウェンガーが提唱している。 紙袋を口と鼻にあて、30秒間紙袋を膨らませたりしぼませたりを30分に1回。 一日中。これを3週間だったかな。結構辛い。 でも、この人の本は胡散臭いんだよね。

ハイハイ訓練法

ただただ中指を見ながらハイハイをするだけ。無心で。

方法は簡単だけど、本当にしんどい。なぜなら毎日三時間、休みなく行い続けるから。

興味はあるが、さすがにこれはキツイ。続けるのは無理そうだ。 ウィン・ウェンガーが提唱している訓練法の一つなのだが、この人の本は胡散臭いんだよね。

私の結論

上記のことをしても、天才にはならない。

何かを習得したいのならば、それを勉强したほうがいい。 以下に完全に同意だ。

直接筋トレしたり、良い学校で質のいい勉強をしたり そういう方が遥かに直接的だし効果的なのは、周り見りゃ分かる

スポーツに置き換えると分かりやすい。 例えば私が野球がうまくなりたいとする。 野球をうまくなるために、運動神経自体をアップする訓練ばかりしていたら馬鹿だ。 野球がうまくなりたいなら、野球の練習をしなければならない。 運動神経自体をアップする訓練というものがあるとするならばしてもいいのだろうが、割合は少なくていい。

瞬間記憶について

後天的に瞬間記憶を身につけられるというのはイマイチ信じがたい。 確かにサヴァン症候群の人のようにできる人が何人か確認されてはいる。 でも、訓練によって出来るものなのだろうか。

世界記憶力選手権ってものがある。 トランプの並びを覚えたりする大会。 これに関する本を読んだことがあるのだが、イメージを場所記憶と結びつけたりと記憶法を色々工夫している。 ただ、ざっと見て頭に写してしまうわけではない。

42字×34行の文庫本なら五秒で写せる

のならば、世界記憶力選手権で優勝出来ちゃうよ。 そんなもんだよ。

もしトレーニングで天才になれるのなら

教科書を5分でおぼえてしまえるなら。
いや、1時間でもいい。
いや、1日でもいい。
いや、1週間でもいい。

そのような方法があるのならば。 有名中学、高校、大学への受験のための塾が取り入れているのではないだろうか。 コツコツ勉强するなんて馬鹿らしい。 受験直前まで何年間も脳力トレーニングをする。 最後の1年で教科書を脳に写してしまう。 後はその脳にある教科書を使う訓練をする。

本当に瞬間記憶とかがトレーニングで出来るようになるならば、そのような塾が巷にあふれているのではないだろうか。 実際は、受験の為に一生懸命勉強している。 私はどうにも、このような脳力トレーニングを胡散臭いと思ってしまう。

プログラマーには無限の可能性がある

Web収入 プログラム

うっかりIT土方になってしまった人へ。 ブラック企業にしがみついて人生を浪費するのはやめてほしい。 プログラムを書くことができれば、生きていく方法はいくらでもある。 別に企業にしがみつく必要はない。

プログラマーとして勤めていたころに思ったこと。 プログラムが出来ないタイプの人は出来ない。 これは知能云々ではなく出来ない人は出来ない。

絵が描ける人は描ける。 歌がうまい人はうまい。 プログラムが書ける人は書ける。 これはそれぞれの個性というか得意分野の話だ。頭がいい悪いではない。 ところが、日本ではIT企業でプログラムを書けない人を雇ってしまう。 これは、アニメーションスタジオに絵を描けない人を雇ってしまうようなものだ。

アニメーションスタジオが絵を描けない人を雇う事はないと思う。 でも、プログラムを書けない人を日本のIT企業は雇ってしまう。 その結果、プログラムが出来る人が出来ない人の分まで働く事になるのではないかと。

日本人の性格なのかもしれないがそれでもがんばってしまう。 皮肉な事にそれが日本のIT分野の遅れを導いてしまっていると思う。

勇気がいることだが、フリーランスでやっていくことも考えてみて欲しい。 ある程度のレベルの人ならば、午前中だけ働いて午後はのんびりする生活が送れる。 それでも、生活に十分な収入を得る事が出来る。 Webサーピスをつくったり、スマホアプリを作ったり。クラウドソーシングでもいい。

私自身はそのような生活をしている。 裕福でないし今後の不安もある。 それでもブラック企業に勤めてしまい、人生を浪費するよりもずっといいと思っている。

プログラムを書ける人でブラック企業に勤めてしまっている人は、ぜひ真剣に考えてみて欲しい。