読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

子供用ハーネスを批判する老害www

小さい子供にハーネスを付ける親が最近増えてきたようだ。 子供用ハーネスとか迷子紐とか呼ばれる。

これで安全確保に役立つならどんどん使えばいいと思う。 毎年、事故で悲しいことになる子が沢山いる。 事故を防げるなら使うべきだ。 だが、こんな物までも否定的な意見がある。

ベビーカーへの否定的な意見は一部理解できる。 人混みや満員電車でベビーカーを使うことで迷惑になることがあるからだ。
「通勤ラッシュ時を避けて時間をずらして欲しい。」
「時間がずらせないならば、車内ではベビーカーを畳んで抱っこして欲しい。」
これはわかる。

でも、ハーネスの批判は理解できない。 ハーネスを付けることによる周りへの迷惑は極めて少ない。 走り回らなくなるから相対的に周りへの迷惑は少なくなると思う。

「親が楽したいだけだろ!」

という意見が意味がわからない。 楽をして何が悪いのだろう。 他人が楽をすることに対して苦言をいう人なのだろうか。 部下がExcelのマクロで作業を自動化したら、「楽をするな!」と叱り手作業を命じた上司の話を聞いた時も意味がわからなかったが。 合理的なものに「楽をするな」という批判は意味がわからない。 ハーネスなんか使って楽をするな!私達の時代ではそんなのなかった!って感じなのだろう。 子供の安全と天秤にかけるようなことじゃない。

「ペットじゃないんだから」

「虐待だ」 という批判する人もいる。 別に首につけているわけじゃない。 「まるで犬のようで可哀想」などという曖昧な理由だったら、安全面を優先して利用したほうがいい。 車のチャイルドシートを「窮屈そうで可哀想」と言ってつけない馬鹿がいるが、それに近い。 仮にハーネスを電柱に括りつけて、しばらくほったらかしにしていたら可哀想だが、 正しい使い方をしていれば全く可哀想じゃない。

「手を繋げばいいじゃん」

という批判もあるが、これは子育てをしたことがない人だろう。 月齢によっては子ども自身が手を繋いで歩くことが出来ない。 あと、親の身長によっては、腰をかがまなくてはならず辛い。 突然転んだり強く引っ張ると脱臼の危険もある。 私の子供がこれで肘内障(ちゅうないしょう)という肘の脱臼を起こしてしまった。 また、手を繋いでいても子供が急に走りだしたら、女の人の握力では完全に事故を防ぐのは無理だ。 手をつなぐにしてもハーネスをつけていたほうが、安全面からいいと思う。

  • 脱臼の危険がなくなる
  • 事故の危険が減る

この二点だけでも、使う価値があると思う。 事故が少なくなれば、子供にもありがたいし、当然親にもありがたいし、ドライバーにもありがたい。 近い将来は公道ではハーネスを使うのを推奨されるようになると予想している。

今時「部活中に水を飲むな」とかいう老害はいないと思うが、 「ハーネスを使うな」って言う人もいなくなると思う。 どんどん使えばいい。

Macでユーザのアカウント名およびホームフォルダ名を変更するときの注意

ホームフォルダの変更方法

サポートページ

support.apple.com

に書いてあることをそのままやればよい。 分かりやすく手順が書いてあるので、まず間違うことはないと思う。 やる場合は名前を変更するアカウント以外の管理者アカウントが必要になる。 ない場合は、tempなどの名前で一時的に管理者アカウントを作成して、作業終了後に削除すれば良い。

変更後の問題

アプリケーションによってはホームフォルダ名を変更したことによって、起動できなくなったり設定変更の必要があった。 それぞれ設定しなおせば良い。 私の場合は、eclipseとthunderbirdとfilezillaとdropboxで設定し直す必要があった。 起動時に開くフォルダ等の設定をしなおすだけなのだが、DropBoxの設定は大変だった。 起動しないし。こちらのホームページに有るやり方で解決した。

pocketlog.net

ホームディレクトリ変更後のタイムマシン

タイムマシンがフォルダ変更後の初回バックアップ時に時間がかかった。 ホームフォルダ以下が全部変更になったと認識されるのだろう。 10時間以上必要となってしまった。 寝てる時間にバックアップしておいてもらえばいい。大したことではない。

どうしても気に入らなかったので変更したが、そんなコロコロ変えるものでないと思う。

「もやしもん」に書いてあったフランスワインとアメリカワインの対決について

f:id:itereta:20140824174234j:plain

「もやしもん」という漫画が好きだった。 ストーリーも面白いのだが、菌や発酵に関するウンチクも面白かった。特に酒好きなんで、お酒に関することが面白かった。

フランス編のときにワインが扱われていた。 その単行本の6巻の巻末に、フランスワイン対アメリカワインのことがおまけで書いてあった。 それによると、1976年、1986年、2006年に飲み比べの勝負をしたらしい。 審査員はもちろん専門家を揃えたそうそうたるメンバー。 目隠し利酒対決。 誰もがフランスの圧勝を予想した。 しかし、結果は3回ともアメリカの圧勝だった。

私自身はアメリカワインが好きだったのでこれを読んだ時は嬉しかった。 へ~そうなのかいなと。 専門家にとってもアメリカワインの方が美味しいのか〜と。 この話をドヤ顔で人に話したりももした。

最近知ったのだが、これにはタネがあった。 単に「アメリカワインのほうが甘い」からだ。 人間の本能では甘い方を美味しいと感じてしまうらしいのだ。 2つのものを比べてどちらが美味しいかと聞かれた場合、甘い方を選んでしまう傾向がある。 甘さ以外の香りや味が同じ場合はうっすら甘いほうが有利なのだ。 確かにアメリカワインは甘いのが多い気がする。 アメリカ人が甘いの好きだからかななんて思っていたが。 どうせアメリカのことだし、この本能を分かったうえで勝負したんじゃないかな。 推測だけど。

毎日飲む場合はどちらのほうがいいのか。 食べ物と合わせる時はどちらのほうがいいのか。 コンペのような飲み比べで判断するのは難しいことのようだ。

ペプシのコマーシャルで、ペプシコーラとコカコーラを飲み比べてもらってどちらのほうが美味しいか選ばせると言うものがある。 結果、ペプシのほうを選ぶ人が多いのだが、これも単にペプシのほうが甘いからという説もある。 広告だからヤラセかもしれないけど。

Mac電源ケーブルの断線の予防対策

マックの電源ケーブルの本体に磁石で付く部分のことをmagsafe(マグセイフ)とういらしい。 この線の部分が断線しそうになってしまった。 ゴムの部分がちぎれて、導線が見えそうである。 というか、見えている。 補強する方法を調べていたが、結局それ用の製品を買うことにした。 それも含めて、対策方法をまとめてみた。

1.ボールペンのバネを使う。

調べると、ボールペンのバネで補強する方法とか有名っぽい。
http://www.icoro.com/201407097894.html

この方法は、まだ無傷の場合にやっていく方法のようだ。 もうすでに断線しそうで導線が見えてしまっている場合は出来そうにない。

2.熱伸縮チューブで補強する

調べていると熱伸縮チューブで補強してある写真を見かける。 しかしこの方法は、一度断線させてチューブを通さなければいけない。 断線させないでチューブを通す方法があるのだろうか? それとも、チューブのほうに切り込みを入れたりして出来るのだろうか。 よくわからなかった。 私はこの方法は断念

3.タコ糸での補強

タコ糸で補強する方法とか。
http://www.icoro.com/201407087895.html

タコ糸で補強する方法は導線が隠れそうだし、かなり丈夫そうだしよさそうだ。 綺麗にするのは大変そうだがお金もほとんどかからない。 候補のひとつだった。

4.ビニールテーブで補強

単純な方法だ。ビニールテープをまくだけ。 実はずっとこの方法でなんとかやり過ごしていた。 貼った当初は綺麗になるのだが、ずっと使っていると汚くなってくる。 結局、他の方法がないものかと調べた。

5.既成品を使う。

更にしらべてみたら、断線対策の製品があった。

安いし楽そうだから、これを購入した。 今のところ特に問題なく使えている。 むき出しになっていた導線は隠れている。 実際は商品紹介ページほど綺麗にははまらず、すこ~し隙間ができる。 でも、気にするほどではなく普通に使用できる。

古いスマホをカーナビにした事と画面の解像度について

車にカーナビがないので、スマホをカーナビにすることにした。 家で眠っていたXperia acroを常時車に載せておいてスマホとして使うことにした。

自動で電源が点くようにするためにルート化したり、 車が動いている間は画面をONにして、降りたら画面を消したり、などの設定をした。 めんどくさかったけど面白かった。

アプリはオフラインでも使える「いつもNAVI [ドライブ]」というのを購入した。 オフラインでも使えるから購入したのに、たまにネットに接続しないと起動しなくなってしまった。 それは「デジモノステーション」という雑誌についていた『0 SIM (ゼロ シム)』で解決した。 月500Mまでは無料で使えるSIMだ。 カーナビとして使っている分にはまず超えることはない。

しばらくは、満足して使っていたがだんだん不満が出てきた。 古いスマホなので画面が小さいし、解像度も低い。 表示される情報が少ない。 行き先指定しての案内では問題はまったくないのだが、物足りなくなった。

画面の解像度が高ければ表示される情報も多くなるかと、ナビ用の格安タブレットの購入を検討した。

購入前に画面の解像度でナビの表示がどう変わるか確認することにした。現役で使っているスマホにナビアプリをインストールして試した。 初代Xperia Zだ。Z1ですらない。無印のZだ。古いが解像度は高い。 発熱問題も全く無い。ゲームはやらないので普段使う分には全く問題ない。いい機種だ。壊れるまで使い続ける予定だ。

初代Zの事はどうでもよくカーナビアプリの結果だが、なんと解像度が高くても表示される情報は一緒だった。 画面が大きくないと駄目なのかなと思い、8インチのタブレットにもインストールして試してみた。 なんと、これも表示される情報は一緒だった。 当然、画面が大きいから見やすいことは見やすい。

「いつもNAVI [ドライブ]」の問題なのかと思い、「カーナビタイム」と契約して試してみたが、 こちれも表示される情報は一緒だった。当然、見やすさは画面が大きい方がいい。

ナビ用にタブレットを購入するのをやめて、acroを使い続けることにした。

ただ、「カーナビタイム」を使ってみると「いつもNAVI 」より見やすく使いやすい。 月額制なのが嫌だが、こちらを使うことにした。

Android YouTubePlayer API でフルスクリーン ナビゲーションバーのところが空白になる

Youtube動画を閲覧するAndroidアプリを作っていた。 基本的に画面は縦で使うのを想定しているが、再生中などにフルスクリーンボタンを押すとフルスクリーンになるようにしたかった。

フルスクリーンにしてから暫く経つと、ステータスバーとナビゲーションバー(バックボタンとかホームボタンのバー)が非表示になる。 それに合わせてプレーヤーViewが大きくなってくれず、ステータスバーとナビゲーションバーのところが黒い空白になってしまった。 完全なフルスクリーンにすることができなかった。

ステータスバーとナビゲーションバーが自動で隠れなければそれでもいいし、隠れるならばViewも大きくしたい。どちらかにしたい。

色々調べたが、なかなか解決できなかった。 とりあえず、フラグ

YouTubePlayer.FULLSCREEN_FLAG_CUSTOM_LAYOUT

のセットを外したら、Veiwも一緒に大きくなるようになった。

このフラグをセットしていた理由は、 通常時から全画面への移行やその反対のレイアウト移行時に再バッファを回避できるからだった。 とりあえず、このフラグを外せば希望の動作にはなったが、再バッファは回避できなくなった。 ただ、今回のアプリは基本縦で使うものでほとんどレイアウト移行はないので、フラグを外して解決とした。

以下をコメントアウトした。player はYouTubePlayerのインスタンス

player.addFullscreenControlFlag(YouTubePlayer.FULLSCREEN_FLAG_CUSTOM_LAYOUT);

レイアウトと再バッファの両方とも満たす方法は見つからなかった。 頻繁に、レイアウト移行があるアプリの場合に再バッファを繰り返すのは使い勝手が悪い。 何度かする方法はないものだろうか。