読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

Parallels上のWindowsで秀丸のフリー制度

秀丸は特定の条件を満たしている人は無料で使わせてもらえる。 私の場合はフリーウェアを作っていたのでその条件を満たしている。 秀丸作者宛でその旨のメールを送ると無料で使う手順を送ってもらえる。 普通にWindowsで使っていた時は何も問題がない手順である。

しかし、MacのParallels上で動かしているWindowsかつトラックパッドのみの場合、どうすればいいのかわからない方法である。 マウスをつなげれば簡単そうだが、あえてトラックパッドで色々いじってやってみた。 手順をすべて書いてしまうわけにはいかないので、必要だった知識だけ以下に記す。

左クリック押しっぱなし

左クリックの押しっぱなしはデフォルトではshift+control+クリックでできる。タップじゃなくてトラックパッドをクリックしてホールドする。 parallelsの環境設定のショートカットをクリックして、サイドバーのマウスのショートカットを選択すると確認できる。

Ctrl+Shift

ctrl+shiftはボタンひとつで出来るように一時的に変更する。 下のサイトを参考に http://download.parallels.com/desktop/v9/ga/docs/ja_JP/Parallels%20Desktop%20User's%20Guide/32884.htm  自分の場合はoptionボタンだけで出来るようにした。

キーボード ショートカットをカスタマイズする方法

  1. 環境設定を開く。 具体的には[Parallels Desktop] > [環境設定] を選択する。違う方法でもいい。
  2. [ショートカット] をクリックする。
  3. サイドバーの [仮想マシン] リストから、使用しているものを選択する。
  4. +ボタンを押してショートカットを追加する。
  5. ショートカットは選択前と選択後を指定する。以下の画像の状態がoptionキーでShft+Ctrlのショートカットになる。OKボタンを押すと一番下に追加される。

f:id:itereta:20131218103621p:plain

このショートカットは秀丸の解除作業が済んだら削除する。

左クリック

左クリックはReturnで代用できる。

以上の知識が全てあれば解除できる。 苦労したが色々いじっていたおかげでParallelsが少し詳しくなった。