読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

マシュマロテスト‐将来との自分とのつながりについて

暮らし・学び

マシュマロ・テストというものがあるらしい。

4歳の子供たちにマシュマロを1個すぐもらうか15分後に2個もらうか選ばせる。 それで1個すぐ貰った子供たちと、15分我慢して2個もらった子供たちのその後を調査したらしい。 結果は15分我慢したグループのほうが社会的成功を収めていたとか。 当たり前の結果のような気がする。我慢強いのだから当たり前だ。 で、こうなるためには将来との自分とのつながりを強くするといいらしい。

  • 15分我慢したグループは将来との自分とのつながりが強いから我慢出来た。
  • 我慢できないグループは将来との自分とのつながりが弱いから15分後が想像できず、今すぐマシュマロを欲しがる。

んで、自己啓発書のことについて。

よく、自分の目標を紙に書いて貼っておけとか、願い事リストを作って毎日眺めろとか、 夢までの工程を手帳に書いておけとかある。 バカにし批判する人が多い。 夢までの工程を手帳に書いておいても、その予定通りに行くわけないから意味が無いとか。 バカにしないまでも実行するにはちょっと恥ずかしい。 私自身もそういった考え方だった。 が、将来との自分とのつながりということを考えると、目標を認識するために書き出すというのは意味があるように思えてきた。 夢を書き出したからといって必ず成功するわけではないが、可能性は高くなるのではないかと思う。 あくまで可能性の問題だ。