無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

子作り計画中だがお酒を飲みたい女性へ

妊婦がアルコールを摂取すると、胎児・乳児に胎児性アルコール症候群という脳障害を引き起こす可能性がある。 妊婦の習慣的な飲酒が原因と思われてきたが、たった一杯のお酒で発症してしまったという例もあるようだ。 実際には可能性が低いので、妊娠していることが分かってから、飲んでしまったお酒で思い悩む必要はない。 妊娠7週から12週での大量の飲酒が一番危険度が高い。 妊娠がわかったらまずは断酒をすれば、胎児性アルコール症候群を引き起こす可能性はかなり低くなる。

では、これから妊娠を考えている人はどうすればいいだろう。 可能性が低いとはいえ、着床が完成した瞬間から胎児性アルコール症候群を引き起こす可能性はわずかだがある。 完全に胎児性アルコール症候群の可能性をゼロにしたい場合は、子作り計画中の方は断酒しなければならないのだろうか。 もちろん完全に断酒すればリスクを0に出来る。 でも、これから長い期間、妊娠中から授乳中まで断酒しなかればならない。 その前に少しでも飲みたいという女性もいるだろう。 調べてみると、定本 育児の百科〈上〉5カ月まで (岩波文庫) という本に以下のように書いてあった。

生理開始後10日間に限って飲むことにすれば胎児性アルコール症候群のリスクを0にできる。

その他の期間は我慢ということだが、月のうち10日間も飲めれば御の字だろう。 子供の生涯に関わることである。 妊娠計画中は断酒、もしくは上記の期間だけ飲むというのを徹底したい。