無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

プログラマーには無限の可能性がある

うっかりIT土方になってしまった人へ。 ブラック企業にしがみついて人生を浪費するのはやめてほしい。 プログラムを書くことができれば、生きていく方法はいくらでもある。 別に企業にしがみつく必要はない。

プログラマーとして勤めていたころに思ったこと。 プログラムが出来ないタイプの人は出来ない。 これは知能云々ではなく出来ない人は出来ない。

絵が描ける人は描ける。 歌がうまい人はうまい。 プログラムが書ける人は書ける。 これはそれぞれの個性というか得意分野の話だ。頭がいい悪いではない。 ところが、日本ではIT企業でプログラムを書けない人を雇ってしまう。 これは、アニメーションスタジオに絵を描けない人を雇ってしまうようなものだ。

アニメーションスタジオが絵を描けない人を雇う事はないと思う。 でも、プログラムを書けない人を日本のIT企業は雇ってしまう。 その結果、プログラムが出来る人が出来ない人の分まで働く事になるのではないかと。

日本人の性格なのかもしれないがそれでもがんばってしまう。 皮肉な事にそれが日本のIT分野の遅れを導いてしまっていると思う。

勇気がいることだが、フリーランスでやっていくことも考えてみて欲しい。 ある程度のレベルの人ならば、午前中だけ働いて午後はのんびりする生活が送れる。 それでも、生活に十分な収入を得る事が出来る。 Webサーピスをつくったり、スマホアプリを作ったり。クラウドソーシングでもいい。

私自身はそのような生活をしている。 裕福でないし今後の不安もある。 それでもブラック企業に勤めてしまい、人生を浪費するよりもずっといいと思っている。

プログラムを書ける人でブラック企業に勤めてしまっている人は、ぜひ真剣に考えてみて欲しい。

広告を非表示にする