読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

QNAP Turbo NASのQsyncが使えない理由

PC周りや開発環境に関する小技

QNAP Turbo NASのQsyncを使ってみた。 簡単に説明すると、NASとフォルダを同期してくれるソフトだ。 Dropboxのようにデバイス間でファイルを同期出来るアプリである。 しかも、バックアップ先が自前のNASであるため容量を大きく出来る。 自分で用意しているハードディスクの容量分使用できる。 さらにmyQNAPCloudを利用すればどこからでも同期が可能になる。 これは素晴らしいと使ってみた。

Mac Book上にQsyncユーティリティをインストールして使用した。 使用した結果だが、とても実用レベルではなかった。 使用を断念した。 理由は以下のとおりである。

  1. CPUの負荷が高く、Macが吹きっぱなしになってしまった。

  2. 同期が遅い。

  3. 直接、FinderやエクスプローラでNAS側のQsyncフォルダをいじることが出来なかった。
    同期が遅いので、最初は直接コピーしたかったが、できなかった。 4G分のデータを同期するのに200時間以上必要になってしまった。

  4. .htaccessのような隠しファイルが削除されてしまった。

  5. 後から追加したファイルが削除されてしまっていた。

4と5が致命的だった。 必要なファイルが勝手に消されてしまっては使えない。

結局、SyncDifferentのようなフォルダ同期のフリーアプリを使うことにした。 myQNAPCloudを使ってどこからでも同期というわけにはいかなくなったが、しかたがない。