読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無趣味な人

生まれてこの方、無趣味。ハマったものこれといって特になし。

Retinaでparallels上でWindowsのソフトを使うと高DPIに対応していないソフトが多いのでぼやけてしまう。

Macbook Retina上にParallelsをインストールして仮想環境でWindows8を動かしている。

高DPIに対応していないソフトとかを動かそうと思うと、ぼやけてしまう。 アプリ毎に高 DPI 設定では画面のスケーリングを無効にすることでやり過ごせないこともない。 その場合、アイコン等が小さくなってしまい少し使いづらい。

サイズ調整することで解決する方法があった。

  1. Parallelsのメニュー→仮想マシン→構成からハードウェアタブを選択する。
  2. 左側のリストからビデオを選択。
  3. 解決策から’サイズ調整される’というのを選択する。
    この時、Windowsを再起動する必要あり。
  4. 仮想環境のWindowsディスクトップ上で右クリック。
  5. 画像の解像度を選択して設定画面を出す。
  6. テキストやその他の項目の大きさの変更。
  7. すべての項目の大きさの変更で’小 - 100%’を選択する。

以上で完了。フォントがしょぼくなるが、ぼやけることはなくなる。

高DPIに対応しているソフトではその能力を出せないのが欠点。だが、2014年1月現在、私がよく使うソフトはほとんど高DPIに対応していない。ので、この設定で使うことにした。